ライター時給4,000円にUPできたワケとは?

Webライター初心者なら仕事の取り方から学ぼう!仕事を受注する7つの方法

Webライター初心者なら仕事の取り方から学ぼう!仕事を受注する7つの方法 ライター収入編

 

ひち
ひち

こんにちはー。

副業Webライターのひちです。

 

ぱる
ぱる

ひちさん、こんにちはー。

ちょっと聞きたいんですけど

Webライター初心者ってどんなふうに仕事を取ってくるんですか?

 

ひち
ひち

Webライター初心者さんの仕事の取り方ですね!

クラウドソーシングが多いイメージですけど、今の時代はいろんなところにチャンスがあるんですよ~いくつか紹介しますね!

 

ぱる
ぱる

わーい!

教えてくださ~い

 

Webライター初心者の仕事の取り方

Webライター初心者の仕事の取り方

Webライター初心者の方は、仕事の取り方がどのくらいあるかがわからないものです。

Webライター初心者の方が仕事を取るには、だいたい次の7つの方法があります。

  • クラウドソーシングで探す
  • 求人情報サイトで探す
  • Webメディアのライター募集に応募
  • SNSのライター募集に応募
  • Webライター仲間からのお誘い
  • ココナラで直接受注
  • ブログへの直接受注

たくさんの方法がありますが、それぞれ特徴がありますので、自分に合っていると思う方法を試してみてくださいね。

 

クラウドソーシングで探す

クラウドソーシングは、Webライター初心者が仕事を取るにはおすすめの方法です。

クラウドソーシングとは、企業がインターネット上で不特定多数の人に業務を発注することを言います。Webライター案件はこういったクラウドソーシングのサイトに多数掲載されているため、自分の能力に合った仕事に応募することが可能です。

クラウドソーシングのサイトで主なものを挙げてみました。

  • クラウドワークス
  • ランサーズ
  • シュフティ
  • サグーワークス
  • ライターステーション
  • shinobiライティング

この中でも、Webライター初心者におすすめなのはクラウドワークスです。

日本最大級のクラウドソーシングで、常にたくさんの案件が掲載されています。
また、初心者OKの案件も多く取り扱っているため、初心者が経験を積むために利用するには向いているでしょう。

ただし、クラウドワークスにはなくて他のクラウドソーシングにある案件ももちろんあるので、必要に応じていくつか登録しておくと案件の幅も広がりますよ。
クラウドソーシングは仮払いシステムがあったり、仕事の流れが決まっているためトラブルも少なく安心です。

 

求人情報サイトで探す

Webライターの増加に伴って、求人サイトにもWebライター案件が数多く掲載されています。

  • ママワークス
  • ウォンテッドリー
  • インディード
  • 求人ボックス

など、無料で使えるサイトもたくさんあります。

ママワークスは在宅ワークを中心に取り扱っているため、主婦の方におすすめです。また、ウォンテッドリーは求人情報サイトでもあり、仕事に特化したSNSのようなサイトです。

初心者向けのWebライター案件も多く掲載されているので、一度チェックしてみてくださいね。

 

Webメディアのライター募集に応募

Webメディアによっては、メディアの中でライター募集をしていることもあります。

大々的に募集していなくても、フッター(ページの下部)などに「ライター募集」などひっそりと募集している場合もあるため、気になるメディアをチェックしてみるのもよいでしょう。

また、SNSをしているメディアはSNSでライター募集することもあります。そちらも合わせて確認しておきましょう。

 

SNSのライター募集に応募

SNSの中でも特にTwitterはWeb系の会社の方が発信していることが多いです。そういう方がSNSでライターを募集することもよくあります。

Twitterの検索で「ライター募集」などのキーワードで検索すると、いくつか案件がヒットします。
ただし、SNSでのライター募集は経験者でないと難しい場合が多いため、初心者OKの案件を探すのは難しいかもしれません。

まれに経験豊富なWebディレクターやWebライターが、教育も兼ねて初心者に仕事を回しながらフィードバックもする、というような企画をしていることもあるので、こまめにチェックしておきましょう。

 

Webライター仲間からの紹介

SNSでライターとして発信をしたり、ライターのコミュニティなどに所属しておくとライター仲間ができやすいです。

中には案件を抱えすぎてさばききれない!というライターさんもいるので、そういった方から案件を回してもらう、というのも一つの方法です。こういった人脈を作っておくと、ライター仲間に大型案件が入った時などに「手伝ってほしい」など声をかけられることもあります。

SNSで積極的にWebライターと交流しておくことも、案件獲得には大切です。

 

ココナラで直接受注

ココナラは、自分のスキルを売ることができるマーケットです。

「イラスト・漫画」「デザイン」「ライター」を始め、占いや話し相手を探す場として多くの方に活用されています。
ココナラは自分で単価を決められることがメリットですが、こちらも完全初心者だとハードルが高いかもしれません。

ほとんどの場合、実績のない人に依頼しようとは思わないので、少しでも実績を身につけてから出品することがおすすめです。

 

ブログへの直接受注

自分でブログを運営していたら、そのブログのお問い合わせから受注できる場合もあります。

ブログ運営は初心者にとってはハードルが高いですが、実際にあなたの記事を見て依頼をしてくれるわけですから単価交渉もしやすいです。
ブログが軌道に乗ってきたら、ブログからの依頼が止まらない、ということも起こります。

ブログだけでなくSNSも一緒に運用しておくことで、更に窓口を広げることができるため、併用しておくこともおすすめです。

 

Webライター初心者が選びやすい案件

Webライター初心者が選びやすい案件

仕事の取り方が分かっても、Webライター初心者だとどんな案件に応募すればいいのか悩みますよね。

ここではWebライター初心者でも比較的取りやすい案件を3種類ご紹介します。

  • 型を当てはめるだけの案件「毎回同じ型で書く」
  • テープ起こしからする案件「インタビュー記事」
  • 構成がある案件「ディレクターがいる」

一つずつ解説しますね。

 

型を当てはめるだけの案件「毎回同じ型で書く」

Webライターの案件の中には、ある程度決まった型に当てはめるだけの案件もあります。

例えば商品のレビュー記事であれば、ほぼ同じような記事の型ができあがります。
そういった案件は数回書けば書き方が身につき、時間をかけずにこなせるでしょう。

初心者にとっては記事の構成を考えたり、文章の流れを考えることはハードルが高いです。
決まった型があることで書きやすさは段違いになるため、初心者にはおすすめの案件です。

 

テープ起こしからする案件「インタビュー記事」

テープ起こしから始められるインタビュー記事も、初心者にとってはハードルが低いでしょう。

テープ起こしは、録音された動画もしくは音声を聞いて文字に起こす作業です。
テープ起こしにライティング力は必要なく、ただ聞いたことを文字に起こすだけなので、初心者ライターが実績作りのためによく応募する案件です。

インタビュー記事はテープから起こされた文字をまとめる作業ですが、こちらもSEO記事などと比べると専門知識は必要ない場合が多いため、初心者でも挑戦しやすいですよ。

 

構成がある案件「ディレクターがいる」

Webライターの仕事は、実はライティングだけでない場合もあります。

メディアによっては、キーワード選定、構成作成が含まれることもあるでしょう。
キーワード選定や構成作成はWebライター初心者にとってはハードルが高い作業です。

構成がある案件は、依頼時点ですでに記事内容がある程度確立されるため、初心者でも書きやすいです。構成を作るのに自信がない方は、ディレクターがいる案件を選ぶとよいでしょう。

>>Webライターが稼げるジャンル7選!稼げる理由や収入アップするためには?

Webライターが稼げるジャンル7選!稼げる理由や収入アップするためには?
Webライターをするなら稼げるジャンルでいっぱい稼ぎたい!誰もがそう思いますよね。ライター1年目から1記事1万円も夢じゃない!そんなジャンルを7つ紹介いたします。専門知識が求められるジャンルもありますが、初心者ライターさんでもできるジャンルもあるので是非参考にしてくださいね。

 

Webライター初心者の単価の相場は?

Webライター初心者の単価の相場は?

Webライター初心者の単価は決して高くありません。

1文字1円以下ということもあるでしょう。

最初から1文字3円4円で書いているライターはほとんどいません。みんな0からコツコツと実績を積み上げています。

ここでは、Webライターの単価について、3つのセクションに分けてお伝えします。

 

1文字1円未満がほとんどって本当?

Webライター界隈でよく言われている「Webライター初心者の単価は1文字1円以下」という話。

これは個人的にも正しい情報だと感じています。初心者はどうしても”教育”が必要です。

Webライター初心者の方が書いた記事を修正なしで納品できることはほとんどないでしょう。
企業もWebライターを教育しながら記事の精度を上げていかなければいけないため、コストがかかります。その分最初の単価が低いことは避けられないでしょう。

また、Webライター初心者はできることが限られます。結果誰にでもできる案件にしか応募できなくなるため、なかなか高単価の案件には巡り合えないかもしれません。

まずは1文字1円以下からスタートして、コツコツ実績と経験を積んでいく必要があります。

 

ブログ運営経験者は有利!

Webライター初心者でも、自身でブログ運営をしている方は高単価案件に挑戦できることもあります。

ブログ運営をしている方は、Webライターに必要な「情報をまとめる力」や「読者に分かりやすく伝える力」「SEOの知識」が身についている場合が多いからです。

SEOとは…検索エンジンで上位表示するための施策

また、自分のブログをポートフォリオとして自己PRすることもできます。
ブログ運営はWebライターをする方にも大きなスキルアップになるため、経験しておくと案件獲得が有利になります。

 

キーワード選定や検索意図がわかるとさらに有利!

「キーワード選定」や「検索意図の把握」は、Webライターのスキルアップには必須です。

これが分かるとより読者にとって有益な記事が書けるようになるため、企業にも重宝されます。
ここまでスキルがあれば、教育コストがかからず質のいい記事が納品されるため、企業も高単価を出しやすくなるでしょう。

Webライターにとって重要なスキルセットである、キーワード選定や検索意図はブログ運営をすることでも学べますよ。

>>ライター時給の相場は「記事単価÷時間」で考えよう!ライター時給UPのコツとは?

ライター時給の相場は「記事単価÷時間」で考えよう!ライター時給UPのコツとは?
Webライターの時給の相場はぶっちゃけありません。Webライターという仕事が誰にでも簡単に始められるのは、簡単な案件から難易度の高い案件まで幅広い仕事があるからです。本記事では、Webライターの時給の相場を、単価、仕事内容などから導き、最終的に時給を上げていくコツをお伝えします。

 

Webライター初心者が仕事を受注したら気を付けること

Webライター初心者が仕事を受注したら気を付けること

Webライター初心者は仕事を受注した後、気を付けておくべき点がいくつかあります。

これはクライアントと良好な関係を築くために知っておくと有利です。

  • 連絡はマメに
  • わからないことは聞く
  • レギュレーションを守る
  • 守秘義務を徹底する
  • 常に学ぶ姿勢

一つずつ見ていきますね。

 

連絡はマメに

副業でWebライターをしていると、本業の時間にはなかなか連絡が確認できないこともあると思いますが、昼休みや通勤時間など空き時間にクライアントから連絡が来ていないか確認するようにしましょう。

常に早めの返信を心がけておくと、クライアントからの印象もよくなります。

 

わからないことは聞く

わからないことを何でも遠慮なく聞くことはNGですが、自分で調べてもわからないことはなるべく早めに聞くようにしましょう。

すべて自分で解決しようと抱え込んでしまうと、仕事も進まずクライアントとのコミュニケーション不足にも陥ってしまいます。

 

レギュレーションを守る

Webライターの案件には、多くの場合レギュレーションというルールをまとめたものがあります。

クライアントから渡されたレギュレーションは隅々までチェックし、レギュレーションに沿って記事を作り上げましょう。

基本的に納品した記事は編集者が確認しますが、その時に基本のレギュレーションに沿っていなければ、評価はマイナスになってしまいます。

 

守秘義務を徹底する

クライアントから出された守秘義務は必ず守りましょう。

案件によっては「この会社の案件を請けている」と周りに言うこともNGである場合もあります。
必ず執筆前に確認し、守秘義務の遵守は徹底しましょう。

 

常に学ぶ姿勢

Web業界は変革が激しい業界です。そのため、常に学ぶ姿勢が大切です。

案件の7割~8割程度がSEO記事の案件になるため、Googleの動向もチェックしておくとより他のライターと差別化ができます。
また、Webライターがたくさんの案件をこなすには、記事を早く書けるようになることが近道です。

記事を早く書く力をつけることはWebライターのスキルアップや単価アップにはとても効率的です。
記事を早く書き、収入をアップするために私が取り入れたのが『才ゼロ』というWebライターのための教材でした。

私はこの教材と、独自の時間管理法で記事作成時間を3分の1にまで縮めることができました。

才ゼロは、プロのライターとライター初心者で作り上げた、ライターのための教科書です。
ライターが知っておくべきことが体系的に網羅的にまとめられているため、この教材を知っている人と知らない人では大きな差が出てくるでしょう。

私の才ゼロレビューはこちらの記事からご覧ください。

【才ゼロレビュー】時給1,250円→時給4,000円ライターに収入UPできた教材
たった1ヶ月で時給1,250円→時給4,000円ライターに!時給4000円とは、例えば単価8000円の記事を2時間で仕上げるということ。同じ単価の記事の場合、記事を早く書くことができればできるほど時給が上がり、1ヶ月に仕上げる記事数も増やせます。本記事では、記事を早く書けるようになるコツをお伝えしていきます。

 

Webライターにおすすめの勉強法はこちらの記事で詳しく解説しています。

>>Webライティングの勉強法3選!スキルアップに効果的な勉強法はコレ!

Webライティングの勉強法3選!スキルアップに効果的な勉強法はコレ!
Webライティングスキルを上げるには、まず Webライティングの勉強法を知りましょう。本記事では、Webライティングの勉強法を大きく3つお伝えします。自分に合った勉強法を見つけて効果的にスキルアップをしましょう!

 

まとめ

 

ひち
ひち

ぱるさん

Webライターの仕事の取り方はわかりましたか?

 

ぱる
ぱる

はい!

7つの方法があるのでどれにしようか迷ってます~

 

ひち
ひち

そうですね~

自分に合った仕事の取り方を選ぶのもいいですが、仕事先の分散化をしてリスク回避するのもアリですよ。

 

ぱる
ぱる

え?

仕事先いくつ持っていいんですか?

 

ひち
ひち

はい。

だって1つの案件が急に終わってしまうこともありますから。

複数の案件を同時にしている方は結構いるようですよ~

 

ぱる
ぱる

なるほど~

慣れてきたら案件増やしてみますね~

 

ひち
ひち

そうですね!

案件増やせるようにスキルアップも忘れずにしましょうね♪

 

ぱる
ぱる

はーい!

頑張ります~

 

この記事を書いている人


2018年から副業Webライターをしている「ひち」です。
企業ブログのWebライターを中心に、勤務先のブログと個人ブログの運営をしております。
当サイトでは、副業Webライターをしている方が知りたい情報をWebライター1年目の若葉マークペンギン「ぱる」と一緒にお届けしていきます♪

*サイト設計を学びたいなら ⇒ ファンブロ!
*時給1,250円→時給4,000円へ!ライティングスキルをあげたいなら ⇒ 才ゼロ
*副業Webライターを応援するニュースレター
無料公開中! ⇒ ひちログ
ニュースレター「ひちログ」では、Webライターに関する話題やライティングスキルの上げ方、副業ならではのお悩み、税金の話までつらつらと綴っていきますので、遊びに来てくださいね♪

ライター収入編
ひちをフォローする
ひちログ